トップ

たけのこ

健康被害を与えるもの 

健康被害を与えるものはたくさんあります。ジャンクフードや排気ガス、サプリメントの添加物…確かに、身体を本当にヘルシーに保ちたいなら、避けたいものは色々あります。ただし、何事もやり過ぎは禁物です。というのも、過敏に反応することによるストレスは計り知れません。例えば、健康被害を気にするあまり、せっかくケーキをお土産に貰っても糖分や着色料を気にしてこっそり捨てたり、何が入っているのか分からないと外食を楽しめずにいるのは問題です。人間には生まれつき自浄作用がありますから、多少のことでは身体に深刻なダメージを被ることはないと大らかな気持ちでいることも大切です。精神的にも余裕を持ちましょう。

健康被害は一人で悩まない 

人間は健康こそが一番の資源です。仕事や社会的活動、趣味や生活の様々な活動もその土台があってこそです。しかし、何らかの理由でそれを損ねてしまったときに、それまで当然にできていたことができなくなり、とても苦しい体験をしなければいけなくなってしまいます。なんとかしようとしても、元気が出ずに、体力だけでなく、気力や情熱すら湧き上がってこないようなこともあり得ます。それが、自然のことではなく、企業の瑕疵などから受けた被害であっても、健康をそこねてしまった状態に陥ってしまっているときには本人の力だけではどうしようも無いことも多いでしょう。そんな時は、自分だけで何とかしようと思わずに、親しい人、頼れる機関、様々なサポートをぜひ利用しましょう。

体が資源だという情報

新着情報